2歳・3歳からピアノを習えますか?【よくある質問】

よくある質問

1歳~3歳で養うべきものは「聴く」能力

上の写真は、1~3歳リトミックレッスン内での、ピアノを実際に弾く場面です。

指はまだ発達段階で未熟なため、手の形をグーやパーにしたり、無理のない程度に鍵盤を叩いて楽しんでいます。色々な楽器の体験や、音楽あそび・リトミックレッスンをしていく中で、音感や聴く力が少しずつ身についてくるのが、2歳~3歳頃ではないでしょうか。

この時期は、生のピアノや楽器を音をよく聴いて、反応する力を養うことが重要になります。

そのために、まずはリトミックレッスンを継続して受けることで、音楽の楽しさを知り、【聴く】力を自然に養うことが大切です。

長調と単調の曲想の違いや、ド~ソまでの音程を少しずつ理解することもできるようになります。

3歳をすぎたらピアノレッスンができます・・・でも、

リトミックレッスンを受けてきた生徒さんでしたら、3歳をすぎればスムーズにピアノレッスンへ移行できます。それでも、30分ずっとピアノを弾くことができるはずがありません。

ピアノレッスンの半分は、上記で説明したような、リトミックのレッスンになるでしょう。

それでも、リトミックで番号の認識も身に着けているでしょうから、指番号への理解や、音程の理解もできていますので、幼児期のテキストを使用すれば、楽しくピアノレッスンを受けられます。

ただし、リトミック経験のない3歳のお子様が、急にピアノ個人レッスンをスタートさせる、ということは、そのピアノ教室がどんな指導を行っているかきちんと親が把握しておく必要があります。ピアノ指導者が、幼児期の心理を理解していたり、リトミックを指導する経験や知識を持っていることはとても重要となります。

「近所だから」という安易な教室選びは、お子様の「音楽嫌い」「ピアノ嫌い」になる危険性も十分にあり得ることなのです。

年少~年長さんはピアノレッスンのはじめ時!

「1歳からずっとリトミックを習っている」ようなお子様でしたら、早期のピアノ教育も可能ですが、そうではない場合が多いでしょう。

幼稚園・保育園に入園すると、鍵盤ハーモニカがカリキュラムになっている園も多く、お子様自身が「ピアノを習いたい」という気持ちを持つようになります。

生活の中でも、たくさんの歌を習い、覚えますから、ピアノレッスンをスタートさせても楽しんで取り組むことができるでしょう。

その場合も、やはり幼児の指導が得意な先生だと、親子共に安心できると思います^^

早くピアノを習うと、嫌いになる子供も多い!?

・お友達がピアノを習っているから、自分も習いたい

・幼稚園、保育園の先生の弾くピアノにあこがれて

・鍵盤ハーモニカの延長として、ピアノに興味がわいて

・親が子に、ピアノを習わせたかったから

など、園児のお子様がピアノレッスンを始める動機として、上記のような場合が多いです。

そして、よくあるのが

「思ったより難しかった」

「レッスンが退屈で、つまらない」

「片手なら弾けるけど、両手は難しいからイヤだ」

など、壁にあたる時期はあっという間に訪れるものです。

まだ小学生に上がる前から、ピアノ嫌い・音楽嫌いにさせてしまうことは避けてあげたいのが親心だと思います。そのためにも、お子様のピアノ教室選びは慎重にさせることをお勧めいたします。

ピアノは、指導者と合う合わないもありますが、どうしても自宅での練習も必要な習い事ですし、ピアノ教室によって、本当に多種多様な指導方針があるものです。

かみや音楽教室の園児ピアノ科の生徒さんたちは、

・一人ひとりのペースに合わせて

・好きな曲を弾けるように

・ピアノ以外にも楽しいカリキュラムがたくさん

・色んな楽器を使ってアンサンブルも楽しい

など、30分があっという間の楽しいレッスンで、無理なく上達するように指導しています。

お子様のこれからの長い人生において、音楽が豊かな彩を与えられるように、ピアノ教室をお考えの方は、どうぞ焦らずゆっくり、ピアノという習い事をスタートしてください。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

かみや音楽教室主宰

紙屋 雅美

 

 

コメント