レッスンで親の付き添いは必要ですか?【よくある質問】

よくある質問

園児さんでも「一人が良い」生徒さんが多いです

入会して間もない期間は、お母さんが一緒のほうが安心するでしょう。

だんだん自分のペースがつかめ、レッスンで自分の意思表示もはっきりするようになると、まれに親子の言い合いが始まることもあります(笑)。

そうなると、

「ママは向こうで待ってて!」

と廊下に追いやられることもあります^^

年長さんくらいになると、おひとりでレッスンを希望する生徒さんが増えてきます。

そして、ママが一緒だと甘えてしまうけど、一人だとしっかりレッスンが受けられる生徒さんも意外と多くいらっしゃいます。

たまにレッスンに同室されることも大切ですし、こちらから次回はお母様も一緒にどうぞ、とお誘いすることもあります。

小学生になると、ほとんど付き添いはなく、みなさん近所でお買い物や用事を済まされているようです。

【例外】コンクール参加の生徒さんは、お母様が同席されたほうが、レッスン中の指導をメモしたり、動画撮影して頂けたり、講師との連絡も密にとれるので、付き添いをして頂けるとありがたいです。

下のお子様が一緒のケース

この1年間で、わたしが少し頭を悩ませたのが、下のお子様が一緒に同室される場合です。

4年前の教室開講当初より、育児中のお母様が少しでも負担がないように、赤ちゃんや下のご兄弟もレッスン室は基本「大歓迎です」としていました。

そして、お姉さん、お兄さんのレッスンを聴きながら、下のお子様も一緒に音楽に触れられますし、良い環境だな、と感じていました。

ですが、下のお子様がだんだん大きくなり、自我が強くなってくると、レッスン中に色々な問題がでてきてしまい、生徒さんも私もレッスンに集中できなくなる、というケースがとても多くなってきました。

たまに、置いてある椅子から落ちてケガをしたり、木琴を乱暴に叩いて、細いバチが折れてしまう、ということも起こり、少しずつ下のお子様の同室をお断りすることが増えてきました。

2019年度よりご兄弟の同室をお断りすることにしました

現在の南横市町の自宅教室は、レッスン室も狭く、レッスン道具や小物楽器も数多く置いてある環境です。ケガや思わぬ事故を防ぐためにも、2019年度よりご兄弟のレッスン同室をお断りさせて頂きます。

廊下には、絵本貸出しコーナーがありますので、駐車場でお待ちいただく際にご利用くださいませ。

やむを得ない場合の同室は可能ですので、その際はお気軽にお申し出ください。

 

かみや音楽教室主宰

紙屋 雅美

 

コメント