シニアピアノの体験レッスンを行いました!

シニア世代の健康ピアノ教室

都城市と曽於市にお住まいの4名の方にご参加いただきました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・チラシを見てくださった蔵原町在住の方
・インスタグラムの投稿を見た娘さんがお母様にご紹介してくださり、お越し頂いた方
・在籍中の大人の生徒さんが、お姉さんを誘ってお二人で

きっかけはそれぞれ違いますが、皆さん共通されていたのは、音楽が好きということでした^^

「午前中のこの時間がちょうど空いていて」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲蔵原町周辺にポスティングしたチラシです

 

ご家庭のことや、畑仕事、その他お仕事など、それぞれのご都合がある中で、今回ご参加の皆様はちょうど曜日や時間帯がご希望に合っていたようです。

最初は簡単な自己紹介を行い、早速60分の体験レッスンの始まりです!

健康体操とリズムボールで身体をほぐします

 

 

 

 

 

「高原列車は行く」に合わせて、頭から足先まで簡単な体操を行い、元気に足踏みして楽しみます。

そして、円になってボールを使い、音楽に合わせてタイミングを合わせ、リズムの練習を行いました。

「あれ!?間違えちゃった!」

「あれ~?あってる?」

と、とても盛り上がり、笑いながらも集中してリズムボールを行いました。

身体をほぐした後は発声練習と歌唱の時間

 

 

 

 

 

 

 

 

 

懐かしい歌謡曲の歌集(かみやが手書きで作成しました^^)を配り、「どれか歌いたい曲ありますか?」と皆様に伺うと、どんどんリクエストを頂きました。

「久しぶりにたくさん歌を歌って楽しかった!」

とのご感想もいただき、カラオケ好きな方から、あまり歌は・・・という方まで笑顔で歌唱の時間となりました。

お手玉体操とキーボード・ピアノ演奏へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きなお手玉を使い、上下、左右に投げてはつかみながらの体操を行い、柔軟性を高めてからのキーボード指導に入りました。

・鍵盤がどうなっているか

・ドの場所

・1~5までの指番号と指の筋力トレーニング

・指番号で実際にキーボード演奏と生ピアノ演奏

 

皆さんとても真剣なんですが、笑い合いながらの和やかな雰囲気の中、本当に楽しんでワイワイとレッスンが進みました^^

生のピアノと、キーボードを両方体験しながらレッスンできるのが、ここ蔵原教室(ウエルネス交流プラザスタジオ)の最大の良いところです。

この後、簡単なコード奏法を伝授して、

「みなさんに魔法をかけましたよ」

とお伝えし、両手演奏にも挑戦して頂きました。

短い時間でも、コツがわかると両手も弾けちゃうんだ!?

ということも実感できたようで、私もうれしかったです。

リズム勉強、そして終わりの歌へ

言葉とリズムの繋がりを、スティックを使い、実際に叩いて体感して頂きました。日常で私たちが発する言葉は、そのまま音楽になることを理解するのは、とても重要なのです。

そして、あっというまの60分。

最後に、楽器を使いながら「星影のワルツ」を歌いました♪

簡単なアンケートを行い、レッスン料金や3月日程の説明などをして、体験レッスンを無事終了しました。

まさかのアンケート結果に涙がでました

3月から正式に、50代からシニア世代のピアノ教室を開講するにあたり、

「しばらく生徒さんは1~2名スタートかな?」

と考えていました。

アンケートの最後に、ご入会の意思を伺う欄を作っていたのですが、皆様が帰られたあと、おそるおそる用紙に目を通したところ・・・

4名全員のご入会希望でした!!!

月2回でも1回でも、マイペースに長く続けられる習い事に

3月から、このシニアクラスをスタートできることに、今も本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。

とにかく、無理することのないよう、マイペースに!細く長く、楽しみながら続けられる習い事にして頂けたら幸いです。

たまにレッスンに参加しても、いつでも充実していて楽しめる。

そして、しっかり身につくレッスンをさせて頂きます。

3月の健康ピアノ教室スケジュール

3月は、

4日(月曜)、18日(月曜)共に、10時からレッスンがあります。

体験希望の方は、数名お入り頂けます。

今後、ご参加が多くなるようでしたら、11時クラスも開講しますので、お気軽にお問合せくださいませ。

皆様とのご縁を、これからも楽しみにしております。

 

体験参加希望やお問合せはこちらから

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

かみや音楽教室主宰

紙屋 雅美

コメント